祈りの幕が下りる時2018/01/30


祈りの幕が下りる時

「祈りの幕が下りる時」 TOHOシネマズスカラ座
東京のあるアパートで滋賀県在住の女性の絞殺死体が発見された。アパートの住人は行方不明、被害者との接点もみつからず、警視庁捜査一課の松宮(溝端淳平)ら捜査は難航する。やがて被害者は学生時代の同級生で有名演出家の浅居博美(松嶋菜々子)を訪ねて上京したことが判明する。松宮は近くで発見された焼死体との関連を疑い、遺品に日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれていることを発見する。その事実を知った刑事・加賀恭一郎(阿部寛)は激しく動揺する。それは、孤独死した加賀の母につながっていた……。
東野圭吾原作による「新参者」シリーズの完結編。
事件の真相と同時に、加賀の母親(伊藤蘭)の失踪理由や、確執のあった父(山崎努)との関係など、今まで謎だったことが明らかになっていきます。すっきりしたというほど、軽い話ではなかったけど、よくできた話だと思いました。この原作は読んでいなかったので、映画で内容がわかりました。
加賀のするどい推理と、食べ物がいろいろ出てくるのも、いつもの設定で安心して見れます。そして、日本橋、人形町、浜町が自分でも知っている場所なので、うれしかったです。話の中で明治座が重要な場所なので、宣伝になっていると思いました。年に1度、日本橋をみんなで大掃除する行事があるのは知らなかったです。
予告を見た時から、「砂の器」っぽい感じがしましたけど、ちょっと共通するところがあります。でも、加賀や松宮のキャラクターが生きていて、新参者シリーズらしさも生きています。オープニングで、写真をみつけて、始まるところが上手いと思いました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/01/30/8778911/tb

_ 象のロケット - 2018/02/07 08:38

東京都葛飾区小菅のアパートで、女性の絞殺死体が発見された。 部屋の住人・越川睦夫も行方不明になっている。 部屋のカレンダーには日本橋を囲む12の橋の名が書き込まれており、それが刑事・加賀恭一郎の失踪した母親に繋がっていることが判明。 事件の鍵を握るのは、舞台演出家・浅居博美だった…。 人気TV刑事ドラマ「新参者」劇場版第2弾。

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2018/02/15 00:27

映画『祈りの幕が下りる時』は、映画版第2弾にして(たぶん)最終版。大江戸はTVド