スイス・アーミー・マン2017/09/02

「スイス・アーミー・マン」 アキバシアター(試写会)
遭難して無人島に漂着した青年ハンク(ポール・ダノ)は、絶望して命を断とうとしたとき、波打ち際に男の死体(ダニエル・ラドクリフ)が打ち上げられているのを発見する。死体からはガスが出ており、浮力があることに気付いたハンクは、死体にまたがりジェットスキーのようにして、無人島脱出を試みる…。
キテレツな話で、見たらビックリすると思います。死体のはずのダニエル・ラドクリフ演じるメニーは、いろいろな機能があり、少しずつ会話もできるようになります。水筒や刃物としても使え、拳銃のようにも使えます。万能なスイスのアーミーナイフのようということで、このタイトルなんでしょう。
妄想か?ホラーかなどの考えているうちに、物語はどんどん想像と違う方向へ。予測できない映画でした。笑いも感動もあって、下ネタも満載。
CMディレクター出身の監督コンビ、ダニエル・クワン&ダニエル・シャイナート(通称:ダニエルズ)の初長編作だそうです。悪友同士が楽しんで作っちゃったような映画にも感じるけど、いろんな解釈もできて、考えさせられます。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/09/02/8666547/tb

_ 象のロケット - 2017/09/23 13:03

無人島で孤独な日々を送る青年ハンクは、死のうと思ったまさにその時、波打ち際に流れ着いた男の死体を目にする。 死体から出るガスの浮力を利用しようと男にまたがって海へ出るが、またどこかの島へ流されてしまう。 途方に暮れたハンクだったが、またしても死体の男「メニー」に助けられる…。 サバイバル・コメディー。 ≪君となら、きっと生きて帰れる―。≫

_ みはいる・BのB - 2017/09/27 15:36




☆☆☆★- (10段階評価で 7)
9月26日(火) シネ・リーブル神戸 スクリーン3にて 14:15の回を鑑賞。 字幕版。