オン・ザ・ミルキー・ロード2017/09/17

オン・ザ・ミルキー・ロード
「オン・ザ・ミルキー・ロード」 TOHOシネマズシャンテ
戦時下のとある村。兵士たちにミルクを届ける牛乳配達人のコスタ(エミール・クストリッツア)は、村にやってきたイタリア人美女(モニカ・ベルッチ)が、気になっている。彼女は別の男と結婚するためにやって来たのだ。しかし、村が襲撃され、惹かれあっていた2人は危険な逃避行へ。
エミール・クストリッツア監督の9年ぶりの作品で、監督自らが主演しています。騒々しく始まって、監督の作風を、懐かしく思い出しました。冒頭からたくさんお動物が出てきてびっくりします。戦争中なのに、動物たちの出てくるのどかな物語なのかと思うと、そうではなく、壮絶でもあり、幻想的なところもある愛の物語でした。エミール・クストリッツア監督は、俳優としても時々他の監督の作品に出ているけど、前よりすっきりとやせているような気がしました。ロバに乗って傘をさし、ハヤブサを従えて、銃弾をかいぐりながらミルクを届けにいきます。不思議な光景でした。動物たちがすごく慣れていていました。音楽がけたたましいけど、エネルギッシュでとっても良いです。死と隣り合っている人々が、刹那的に音楽を楽しんでいるようです。

★★★★☆ 4+