錦の松・なでしこ日和2017/04/18


錦の松

「錦の松 着物始末暦六」 中島 要・著 ハルキ文庫


「なでしこ日和 着物始末暦七」 中島 要・著 ハルキ文庫

一膳めし屋のお糸は、大店の若旦那との結婚話が持ち上がるも、長年の想い人である着物の始末を生業とする職人・余一を忘れることができない。
余一も、お糸のことを想うゆえに、自分の気持ちを隠して結婚を勧めていた。お糸と夫婦になれない理由を告白し、あきらめてもらおうとする…。
「なでしこ日和」の方は、やっと想いが通じた若い2人だが、今度はお糸の父があいつの一緒になるなら、親子の縁を切ると言う…。

このシリーズの中心は余一なんだろうけど、語り手は、余一以外の誰かなので、余一の本当の気持ちはなかなかわかりません。着物に関しては、鋭いのに、余一のことを慕っている人の気持ちには気が付かない、鈍感なところがあります。しかし、いつも筋は通っていて、男らしいのです。続きが楽しみです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/04/17/8490303/tb