世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方2017/01/19

世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方
「世界でいちばんのイチゴミルクのつくり方」 神楽座(試写会)
ドイツの真ん中にある村ボラースドルフ。平均的な普通の村であるとして、消費者調査会社「銀色団」が新商品のモニター調査をしにやって来る。新商品にすっかり夢中になった大人たちは、老人たちを邪魔者扱いして老人ホームへ入れてしまう。おじいちゃんやおばあちゃんがいなくなって寂しい子どもたちは、平凡な村を特別な場所にすれば彼らが戻ってくると考える。
天才アカハナグマのクアッチとともに、アイディアを次々と実行していく。それは、まるで、こどもギャングです。6人組で、幼稚園を脱走しては、大人たちが考えつかない行動を起こします。
最近は日本の子役のレベルの高さに舌を巻きますが、この映画の子どもたちは、素朴です。演技はうまくないけど、味があります。ハナグマはすごい達者で、言葉が通じているんじゃないかと思えるほど。
ミュージカル仕立てのところもあり、ファンタジックでした。しかし、乗り物を運転したり、壊したりが激しいので、やりすぎ感はあって、笑いにのりきれる人とのりきれない人がいると思います。ありえないことばかりが続きます。私はちょっと笑えなかったですが、会場からはかなりの笑い声が出ていました。6人の子どもたちやその家族、どれがどれかも最後までわかりませんでした。
街も家の中もカラフルで、かわいらしくて明るい映画でした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/01/19/8326519/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/02/13 12:24

ドイツのとあるのどかな田舎町、ボラースドルフ。祖父母、息子(娘)夫婦、子供(孫)の三世代で快適に暮らすのが普通な町であった。そこに、ある調査隊「銀色団」がやってくるまでは…。その町はドイツのちょうど真ん中、おへそのような位置にあり、それはつまりヨーロッパのど真ん中に位置しているということなのである。と、「銀色団」は言って、町の住人たちにヨーロッパ中のあらゆる新商品のモニターを依頼する。つまり、一番真ん中に居る一番普通な人たち…彼らに受け入れられる商品ならば、世界のどこででも受け入れられるはずだから。「銀色団」が町の人たちに期待するのは、極めて普通であること。それは驚くべき天才で子供達のア...