蜜のあわれ2016/04/11


蜜のあわれ

「蜜のあわれ」 バルト9
自分のことを「あたい」と呼び、変幻自在の金魚の実態を持つ少女(二階堂ふみ)と、少女から「おじさま」と呼ばれている老作家(大杉漣)の日常。2人はとめどもない会話をし、仲睦まじく一緒に眠ったり、一緒に踊ったりする。ある時、「おじさま」と関係があった女性(真木よう子)が現れる。その人は幽霊らしい…。
二階堂ふみ演じる「あたい」はコケティッシュで、無邪気、おこづかいをせびったりもするけれど、作家のよりどころでもあります。原作は室生犀星で、妄想が生んだ魅力的な少女という感じがしました。二階堂ふみありきで、成立するかわいさです。様々な赤い衣装がどれも似合います。昔の言葉づかいも良いです。
老作家は「あたい」に翻弄されるけれど、それも楽しいのかもしれません。
芥川龍之介役で高良健吾、金魚売りに永瀬正敏と脇を固め、官能的で文学的なファンタジーの世界でした。でも、ちょっと眠くなりました。時代設定もあり、テンポがゆったりしているせいなのかと思います。

★★★☆☆ 3


劇中着用の衣装が展示されていました。かなり細いです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2016/04/11/8069126/tb

_ 象のロケット - 2016/04/15 12:50

老作家の書斎にやって来る愛くるしい少女・赤井赤子。 自分のことを「あたい」と呼ぶ彼女は我儘を言ってばかりだが、老作家は彼女とのおしゃべりを楽しんでいる。 ある日、老作家の講演会を聞きに行った赤子は、客席で儚げな和装の女・田村ゆり子と出会う。 老作家の古い知り合いらしいゆり子は、赤子と作家との関係が気になるようで…。 ラブ・ファンタジー。 ≪人を好きになるということは愉しいものでございます。≫

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2016/04/21 21:26

 『蜜のあわれ』を新宿バルト9で見ました。

(1)二階堂ふみが主演の作品というので映画館に行ってきました。

 本作(注1)の冒頭では、花が咲いている庭の木がカーテン越しに映しだされ、また老作家(大杉漣)が原稿を書いている机の上には、花が活けてある花瓶が置か...