パレード2010/02/14

パレード
映画「パレード」を試写会で見てきました。
出演は藤原竜也、香里奈、貫地谷しほり、小出恵介。
男女4人は都会の片隅で共同生活をしている。
そこに林遣都演じるサトルが加わる。
その頃、町では女性を狙った暴行事件が多発している。
崩れていく日常、都会に潜む狂気・・・。

楽しい青春群像劇ではない。
はじめは、ごく普通の日常を見ていたつもりだったけど、
だんだんと様子が違ってくる。

俳優たちの演技に惹き込まれてしまう。
私は面白いと思ったけど、人には薦めにくい。
同監督の「今度は愛妻家」はどんどん友人に薦めたけど、
この映画は上映後に“どんより”させられちゃうかも。
それでも、見る価値のある映画だと思う。

上映後に行定勲監督のトークショーがあって、監督の考えや
裏話も聞けて、興味深かった。
行定監督は、ヒットするような映画を狙うのではなく、
自分の撮りたいものを撮っているということだった。

オススメ度
★★★☆☆

コメント

_ ゆみこ ― 2010/02/14 08:25

映画館で予告を見て面白そうと思って今本を読んでいます。
今の所何か起きそうな感じじゃない平和な雰囲気。
なんか違うけど変わっていくんでしょうね。

ちなみにGyao!で試写やっていて応募するけどハズレです、いつも。

_ spice@管理人 ― 2010/02/14 22:02

ゆみこさん
予告編で、興味持ったんですね。
音楽がちょっと不気味な感じで、話の雰囲気にあっています。
本は私は読んでいなかったのですが、映画を見て読みたくなりました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック