ラストナイト・イン・ソーホー2021/12/12


ラストナイト・イン・ソーホー

「ラストナイト・イン・ソーホー」 TOHOシネマズ日比谷
ファッションデザイナーを夢見て、ロンドンのソーホーにあるデザイン専門学校に入学したエロイーズ(トーマシン・マッケンジー)は、寮生活になじめずアパートで一人暮らしを始める。ある時、夢の中できらびやかな1960年代のソーホーで歌手を目指す美しい女性サンディ(アニヤ・テイラー=ジョイ)に出会い、その姿に魅了されたエロイーズは、夜ごと夢の中でサンディを追いかけるようになる。次第に身体も感覚もサンディとシンクロし、夢の中での体験が現実世界にも影響を与え、充実した毎日を送れるようになったエロイーズ。夢の中で何度も60年代ソーホーに繰り出すようになった彼女だったが、ある日、夢の中でサンディが殺されるところを目撃してしまう。さらに現実では謎の亡霊が出現し、エロイーズは徐々に精神をむしばまれていく。
「ベイビー・ドライバー」のエドガー・ライト監督によるタイムリープ・ホラー。
主役の2人の女性がとってもキュートで美しいのです。エロイーズ(エリー)は「ジョジョラビット」に出ていた女の子だったのですね。サンディも魅力的でした。
始まり方からオシャレで、後半はホラーっぽくなっていくけど、女の人に観てもらいたい映画です。ロンドンの街並も良かったです。あらすじを読んでも、わかりづらいかもしれないけど、エリーは、霊感が強い子なんです。夜毎、過去のサンディの様子を見るのだけど、まるで自分がサンディになったような、不思議な映像でした。部屋がネオンで照らされていたり、エリーが60年代が好きなので、レコードでその時代の歌を聴いているかのも、良かったです。エリーの母の事や、テレンス・スタンプ演じる役のその後の事とか、もっと知りたいところもあったけど、面白い映画で気に入りました。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック