キッド2021/12/11


KID

「キッド」 相場 英雄・著 幻冬舎文庫
上海の商社マン・王のボディーガードを任された香港在住の元自衛隊員・城戸。王の秘書も連れ降り立った福岡空港で、こちらを見張る刑事の存在に気づく。想定外の事態を訝り始めた矢先、秘書が王を射殺して自死、城戸は殺人の濡れ衣を着せられてしまう。警察は秘密裏に築く監視システムを駆使して城戸を追うが……。
城戸を追う警察、真相を追求しようとする城戸と記者たち、いったい何が起きているのか、城戸が退官した自衛隊で何があったのか、ミステリー仕立てのハードボイルドという感じ。特に前半は、城戸のスキルで警察の裏をかいていくのが面白かったです。後半になってくると敵対する者の姿が見えてくるけど、まだ途中のような気もしました。シリーズなのかな。
人間関係が絡んで、ドラマや映画にしたら、良さそうです。城戸は、香港在住なんだけど、香港の描写が良いです。混沌とした昔の香港らしい地域の良さが、懐かしく読みました。観光で行った事あるだけですけど。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック