うめ婆行状記2020/07/07


うめ婆行状記

「うめ婆行状記」 宇江佐 真理・著 朝日文庫
北町奉行同心の夫を亡くしたうめは、堅苦しい武家の生活から抜け出して独り暮らしを始める。気ままな独身生活を楽しもうと考えていた矢先、甥っ子の隠し子騒動に巻き込まれ、ひと肌脱ぐことを決意決意するが…。
作者・宇江佐真理の遺作だそうです。途中まででも十分面白いのですが、どういう結末にしようとしていたのか、知りたいです。いろいろ想像します。
主人公のうめは、孫もいる年齢ですが、現在ならまだまだ若いです。でも、簡単には気楽に生きられないものです。家族がいるのに一人暮らしをさせては、息子の対面が悪いとか、初めの方はモメていました。
登場人物が多いので、混乱しますが、家系図が書いてあるので、参考になりました。家族親戚のそれぞれに事情や関係性があります。現代もそうですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック