グリーンブック2019/03/20


グリーンブック

「グリーンブック」 TOHOシネマズ錦糸町楽天地
1962年、ニューヨークのクラブで用心棒として働くトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、粗野だけど、気の良い男。クラブが改装のため閉鎖になり、しばらくの間、無職になってしまったトニーは、南部でコンサートツアーを計画する黒人ジャズピアニストのドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)に運転手として雇われる。黒人差別が色濃い南部へ、あえてツアーにでかけようとするドクター・シャーリーと、黒人用旅行ガイド「グリーンブック」を頼りに、その旅に同行することになったトニー。
出自も性格も全く異なる2人は、当初は衝突を繰り返すものの、次第に友情を築いていく。
言わずと知れた第91回アカデミー作品賞受賞作。話題になる前からチケットは買ってあったけど、なかなか見に行けず、やっと行ってきました。
予告やたくさんの人の感想などで、ちょっと内容が予想できてしまうところはあったけど、良かったです。
役作りの為とはいえ、ヴィゴ・モーテンセンが太っていて驚きました。実話が基になっているということで、良い友情を育む話だなぁと、思いました。
監督のピーター・ファレリーといえば「メリーに首ったけ」、「愛しのローズマリー」、他にジム・キャリーの映画などもいくつか、下ネタの多いコメディ作品のイメージがあったけど、今作は真面目でした。でも重苦しくもなく、人種差別を扱いながらも、
軽やかで、笑いもありました。
マハーシャラ・アリはアカデミー助演男優賞を受賞。「ムーンライト」とに続いて2回目の受賞です。最近見た映画「アリータバトルエンジェル」にも出ていたし、「スパイダーマン スパイダーバース」では声の出演しています。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック