コーヒーが冷めないうちに2018/10/21



「コーヒーが冷めないうちに」 吉祥寺プラザ
時田数(有村架純)が働く喫茶店「フニクリフニクラ」には、ある席に座ると望み通りの時間に戻れるという不思議な噂があった。過去に戻るには面倒なルールがいくつもあり、一度起こったこと(過去)は変えられないし、戻っていられる時間はコーヒーが冷めない間と短い。しかし、それぞれの事情を抱えている人たちが、過去へ戻り、心のふんぎりをつけていく。
原作を読んでいました。エピソードは同じような感じですが、男女が入れ替わっていたり、細かい設定が違っていたように思います。だから、あれこんなとこあったっけというところが気になりました。でもなかなかうまく作ってありました。小説の中で想像していた喫茶店よりも明るい感じがしました。コーヒーを淹れることができる主人公がそもそもちょっと違っているから、そのために映画用の話ができているのだと思いました。泣けるところもありました。薬師丸ひろ子さんと松重豊さんの夫婦の話では、松重さんの気持ちの表れている複雑な表情にヤラれてしまいます。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/10/21/8979024/tb

_ 象のロケット - 2018/10/22 23:00

店主・時田流と姪の数が切り盛りする喫茶店「フニクリフニクラ」には、【ある席】に座ると望んだ通りの時間に戻ることが出来るという都市伝説があった。 ただし、『どんな事をしても、現実は変わらない』し、『過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、そのコーヒーが冷めてしまう間だけ』。 様々な客が、その席に座る…。 ファンタジー。

_ 銀幕大帝αTB受付 - 2019/04/05 14:29



TBはここにお願い致します。

_ 或る日の出来事 - 2019/09/08 11:35

喫茶店のその席に座ると、過去に行けます。