至上の印象派展 ビュールレ・コレクション2018/02/15


ビュールレ・コレクション

「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」 国立新美術館
内覧会へ行ってきました。
スイスの大実業家エミール・ゲオルク・ビュールレ(1890-1956年)は、生涯を通じ絵画収集に情熱を注いだコレクターです。
主に17世紀のオランダ絵画から20世紀の近代絵画で、中でも印象派の傑作が揃っているそうです。
チラシやポスターになっているのは、ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》。実物を見るのは初めてですが、ルノアールの絵の中でも有名な絵なので、知っている方も多いのじゃないでしょうか。私も小さい頃、銀行のカレンダーに使われているのを見て、とても素敵な絵だなぁと思っていました。
実物を見ることができてうれしかったです。

他にも印象派を代表する画家たちの絵をいっぱい見れます。
セザンヌ、マネ、ピサロ、コロー、ゴッホ、ゴーギャン、ピカソ……。


フィンセント・ファン・ゴッホ 《種まく人》 浮世絵の影響を受けているゴッホの絵。


クロード・モネ《睡蓮の池、緑の反映》
この絵は写真撮影OKだったので、私の撮った写真です。


レセプションもあって、飲み物とおつまみがいただけます。あっという間になくなります。新国立美術館のレセプションは3回目ですが、おしゃれでおいしいのです。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/15/8788133/tb