嘘八百2018/01/23



「嘘八百」 TOHOシネマズ上野
大阪・堺。千利休を生んだ茶の湯の聖地に、大物狙いだが空振り続きの古物商・小池則夫(中井貴一)が、お宝を探しにやって来た。そこで腕は良いのに落ちぶれてしまった陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)と出会う。
大御所鑑定士に一杯食わされた2人は、仕返しのため「“幻"の利休の茶器」を仕立て上げ一攫千金を狙う。
骨董の世界は、大金が動き、本物なのか、ニセモノなのか、難しいと思いました。豪華な主役の2人を始め、個性的な俳優さんたちが脇を固めています。軽妙で、笑えるコメディです。でも、そのわりにはテンポが悪くて、話が遅いと思いました。よく見せたいところは丁寧なのはわかるのだけど、飽きてしまいました。
人物に魅力を感じないのも、残念です。一番面白かったのは、学芸員の塚地さんかな。

★★☆☆☆ 2

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/01/22/8774190/tb