ドライヴ2012/04/06

ドライヴ
自動車工場で働きながら映画のカースタントをこなす寡黙なドライバー(ライアン・ゴズリング)。抜群のドライビング・テクニックを生かして、時には、強盗の逃走の請負もしている。そんな彼はアパートの同じ階に住むアイリーン(キャリー・マリガン)とその息子ベニシオと仲良くなり、つかの間、楽しい時を過ごす。しかし、アイリーンの夫スタンダード(オスカー・アイザック)が刑務所から出所してくる。スタンダードは刑務所で作った借金がもとで、強盗をするように強要されていた。できなければ、アイリーンとベニシオに危害がおよぶと脅されていた。愛する者を守るために、ドライバーは逃走の運転をかってでるのだが、そのヤマは仕組まれた罠だった…。
「スーパー・チューズデー」も良いけれど、この映画のライアン・ゴズリングはめちゃくちゃカッコイイ!R15+だけあって、予想以上にバイオレンスだったけど、全体を貫くクールな雰囲気に酔えます。映像や音楽も良かったし、ライアン・ゴズリングの繊細さや、抜群の頭脳と武闘能力も兼ね備えた魅力がたっぷりです。キャリー・マリガンもこの役は、清楚な感じで良かったです。
「5分間は何が起ころうと絶対に待っている。だが5分を過ぎたら面倒はみない。」ってセリフも渋すぎです。皮手袋がお似合いだし、楊枝をくわえているとこも、いいねぇ。若者は知らないかもしれないけど、木枯らし紋次郎かぁ?!って、ツッこまないように。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック