ももへの手紙2012/04/14

ももへの手紙
「ももへの手紙」の試写会へ行ってきました。
「ももへ」とだけ書かれた手紙を残して、父親が天国へ旅立ってしまった。手紙にはなんて書きたかったのだろう。最後に心ない言葉をぶつけたまま、別れがきてしまったのだ。後悔を抱きながら、小学校6年生のもも(声・美山加恋)は、母・いく子(声・優香)と瀬戸内の島に移り住む。
慣れない生活に戸惑うももだったが、不思議な妖怪のイワ(声・西田敏行)、カワ(声・山寺宏一)、マメ(声・チョー)に出会う。最初は怖がって逃げてばかりいたももだったが、愛嬌のある3人組にだんだんと慣れていく。実は妖怪3人組はももたちを見守る使命があった…。
アニメだけど、かなりリアルに描かれています。瀬戸内の島の風景や、家の中の様子。どこか懐かしい田舎の風景です。人物もかわいいだけじゃなく、ちょっとリアルでした。実写を見ているみたいです。西田敏行さんなんか、そのまま妖怪を演じられそうだし。人見知りで、島の生活に慣れない主人公が、妖怪たちに出会ったことや、家族の絆に気がついたことで成長していきます。ほとんど笑わなかったももが、元気になって島の子どもたちと馴染んでいる姿は、見ていてなごみます。良い話だとは思いますが、全体的に色が淡かったです。アニメなんだから、もうちょっとカラフルにしてもいいのになぁと思いました。でも妙なダンスをみんなで踊るシーンがおかしかったし、原由子の歌が映画に合っていました。

★★★☆☆