白蛇:縁起2021/08/05


白蛇:縁起

「白蛇:縁起」 TOHOシネマズ日比谷 日本語吹替版
晩唐の時代、国師が民間人に蛇を大量に捕まさせていた。見た目は美しい少女の白蛇の妖怪・白(ハク)は国師を暗殺の使命を果たそうとするが失敗し、記憶をなくしてしまう。捕蛇村の少年・宣(セン)に救われた白は、記憶を取り戻すため宣とともに旅に出る。旅の中で2人は恋に落ちるが、白が実は妖怪であることが徐々に明らかになっていく。やがて国師と蛇族の間に戦いが起こり、白と宣の恋にも大きな試練が立ちはだかる。
フルCGアニメーションですが、風景はとても美しいです。中国らしく水墨画のような世界もあれば、鮮やかな紅葉の村や花畑など、実在の世界よりも美しいかもしれないです。人物は好みもあるでしょう。ヒロインは切れ長のつり目ですが、すごい美人です。そして、衣服や布の表現がとても繊細で、透けている布や、縫い目の糸などが、よく見えました。
純愛もベースになっていますが、かなりスピードあるバトルが多くて、迫力がありました。蛇っぽいのがたくさん出てくるので、苦手な人もいるかもしれません。
その割には女性客が多かったのは、Snow Manの佐久間大介クンが吹替しているからでしょうか。出てくる犬の名前が「はらまき」というのは驚いたけど、中国語でもそうなのかな?日本用の名前なのか。
終わった後に、続編の宣伝もあったので、また日本で公開するのでしょう。その時は見に行きたいです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック