みみをすますように 酒井駒子展2021/08/13


 
「みみをすますように 酒井駒子展」 横須賀美術館
絵本作家の酒井駒子さんの展覧会です。独特のタッチで、すぐに酒井駒子さんだとわかる幻想的で、静謐な美しい絵です。約200点、木製の特製ケースや額に収められて、面白い展示の仕方でした。子どもを描いて絵が多くて、可愛らしいです。前に作品が切手になったことがありました。とっておけば良かったなぁ。

谷内六郎 鳥のいる風景2021/08/13



「谷内六郎 週刊新潮表紙絵展 鳥のいる風景」横須賀美術館 谷内六郎館
画家・谷内六郎(1921-1981)は、今は違いますが週刊新潮の表紙でご存知の人が多いかなと思います。いつかみた風景で、特に昭和前半生まれの方は、懐かしく郷愁を誘う絵だと思います。谷内六郎館というのが、横須賀美術館にあるのは知らなかったですが、酒井駒子展チケットで一緒に見れました。長く週刊新潮の表紙を描いていましたが、その原画は、ほとんど横須賀美術館に所蔵されているのだそうです。テーマごとに展示を替えて、いろいろな作品が見れるのですね。また行く機会があれば見たいです。

ピッツァとパスタのランチ2021/08/13



横須賀美術館内の“アクアマーレ”でランチ。ソーセージ、小松菜、プチトマトのピッツァ。生地が、ほどよくモチモチで美味しかった。
海を眺めながら、食事ができます。


この日は曇天ですが、涼しいからテラス席が人気でした。レストランから見える風景。 

 
谷内六郎館の中庭からの眺め。


観音崎灯台まで行きました。灯台の周囲には、誰もいなかったです。