イン・ザ・ハイツ2021/08/02


イン・ザ・ハイツ

「イン・ザ・ハイツ」 TOHOシネマズ日比谷
変わりゆくニューヨークの片隅に取り残された街ワシントンハイツ。祖国を遠く離れた人々が多く暮らすこの街は、いつも歌とダンスであふれている。そこで育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーの4人の若者たちは、それぞれ厳しい現実に直面しながらも夢を追っていた。真夏に起きた大停電の夜、彼ら4人の運命は大きく動き出す。
ブロードウェイミュージカルを映画化しているそうだけど、舞台ではできないようないろいろなシーンがありました。プールでの大人数のフォーメーションダンスや、ビルの壁を使ったダンスなど。冒頭シーンから、クライマックスだらけのような、ラテン系ダンスが、エモーショナルです。ワシントンハイツで暮らす人々の群像劇になっています。中心となる人物がウスナビって、変わった名前だなぁと思ったら、その由来にビックリします。
歌もキレッキレッのダンスも良かったけど、ちょっと尻つぼみな感じもしました。全体がクライマックス過ぎて、最後のまとめ方が、物足りない気もしました。贅沢かな。とても良かったのですが。移民達の苦労や、差別など、忍耐を強いられてきた事が、伝わってきます。みんなのお母さん的存在のアブエラの歌が、特に良かったです。
ニーナや、ウスナビのいとこのその後も、ちょっと知りたかったかな。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック