顔たち、ところどころ2018/09/22


顔たち、ところどころ

「顔たち、ところどころ」 シネスイッチ銀座
ヌーヴェル・バーグの頃から活躍している女性監督・アニエス・ヴァルダと、若手アーティストのJRが、一緒に旅をしながら、作品を作り上げていくロードムービースタイルのドキュメンタリー。


54歳も年の離れた2人が、カメラの付いた車で、フランスの田舎を巡り、いろんな人と出会い、会話しながら、写真を撮って、作品を作りあげていきます。大型のモノクロ写真を壁に貼っていくのだけど、それがみごとです。芸術的で斬新です。みんなが喜んでくれます。
JRが優しくてかっこいいです。ファッションもシンプルで良いです。常に帽子をかぶり、サングラスをかけています。アニエスの方はカラフルなファッションです。
アニエス・ヴァルダは「シェルブールの雨傘」などを監督したジャック・ドゥミの奥様です。アニエスが監督した「ジャック・ドゥミの少年期」が私はとても好きです。
2人が作り出す見たことのない芸術作品を見ることができて、会った人を笑顔にします。2人の雰囲気がとても良いし、チャーミングな映画でした。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/09/22/8963377/tb

_ 象のロケット - 2018/09/22 10:52

「ヌーヴェルヴァーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督アニエス・ヴァルダ(87歳)と、写真家でアーティストのJRジェイアール(33歳)は、一緒に映画を作ることに。 JRのスタジオ付きトラックでフランスの村々を旅しながら、人々とふれあい、写真を撮り、作品を作っていく…。 ドキュメンタリー。 ≪旅の条件は、“計画しないこと”。≫

_ 大江戸時夫の東京温度 - 2018/10/03 23:12

映画『顔たち、ところどころ』は、1928年生まれのアニエス・ヴァルダと1983年