ワンダーストラック2018/04/09


ワンダーストラック

「ワンダーストラック」 新宿ピカデリー
1977年、ミネソタ。母親を交通事故で亡くした少年ベン(オークス・フェグリー)は、母の遺品の中から、会ったことのない実父に関する手がかりを見つける。その50年前、1927年のニュージャージー。厳格な父に育てられる聴覚障害の少女ローズ(ミリセント・シモンズ)は、女優リリアン・メイヒューの記事を集めたスクラップブックを大切にしていた。ある日、ベンは父を捜しに、ローズは母に会いに、それぞれニューヨークへ向かう。2人の物語は、やがて不思議な縁で結びつき……。
監督は「キャロル」のトッド・ヘインズ。内容は児童文学なんだと思います。「ヒューゴの不思議な発明」の原作者ブライアン・セルズニックが書いた本らしいです。主演のベンを演じるのは「ピートと秘密の友達」のピートを演じた男の子でした。ジュリアン・ムーアやミシェル・ウィリアムズも出ていて豪華でした。
時代の違う2つの話が、順番に出てきて、過去の女の子の話はモノクロです。はじめは関係がわからないので、ちょっと退屈でした。両方とも親に会いにニューヨークへ行き、同じ博物館を訪ねます。男の子の方は、友達ができます。
内容は違うけど、E.L.カニグズバーグの「クローディアの秘密」(岩波少年文庫)を思い出すような雰囲気でした。
謎だった部分が解けて、つながっていくのは良いのですが、どうして実父のことをベンに教えなかったのか、家出をしてきたままで、心配をかけているのは良いのかと、もう少しフォローがあった方が良かったです。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/04/09/8822015/tb