空海 KU-KAI 美しき王妃の謎2018/02/27


空海 KU-KAI 美しき王妃の謎

「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」 シネマイクスピアリ(日本語吹替版)
8世紀、遣唐使として日本から唐へ渡った若き僧侶の空海(染谷将太)。詩人・白楽天(ホアン・シュアン)と知り合い、交流を深める。その頃、首都・長安では権力者が次々と謎の死を遂げる事件が発生していた。それは過去の因縁につながりがあり、同じく日本から唐に渡った阿倍仲麻呂(阿部寛)の残したものを調べ、玄宗皇帝の時代、絶世の美女、楊貴妃の歴史に隠された運命に辿り着く。
タイトルからすると空海の半生的な話ももっとある思ったけど、実際はミステリーで、空海が探偵役のような内容でした。不思議なことが次々起こるので、中国時代劇ホラーみたいなところもあり、更に時代劇の化け猫ものとも感じました。
映像は明るくてとてもきれいでした。幻術により、マジックのようなシーンが次々と現れます。その幻術に惑わされないのが空海なのです。
空海といえば弘法大師のことなので、「弘法にも筆の誤り」「弘法筆を選ばず」ということわざがある位なので、もっと字を書いてほしかったです。ちょっとは書くシーンがあったけど。
是非とも、中国語で日本語字幕で見たかったのですが、上映していなかったです。冒頭から、日本語を話す中国の人たちが、私にはちょっと違和感がありました。いつもなるべく字幕のを見るからだと思います。気にならない人も多いと思います。
口の動きとセリフはよく合っていました。
内容も面白いことは面白いのですが、なぜかちょっとウトウトしてしまって、楊貴妃の運命に関わる途中のいきさつを見逃してしまいました。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/27/8795069/tb

_ 映画に夢中 - 2018/03/19 21:34

弘法大師としても知られる真言宗の開祖・空海が遣唐使として中国に渡った若き日の姿を描く、日中合作の歴史スペクタクル大作。夢枕獏の小説「沙門空海唐の国にて鬼と宴す」を原作に、「さらば、わが愛 覇王別姫」「始皇帝暗殺」の名匠チェン・カイコーがメガホンをとり、主人公の空海を海外作品初挑戦となる染谷将太が演じた。空海の相棒となる白楽天を中国の人気俳優ホアン・シュアン、物語の鍵を握る楊貴妃を台湾出身のチャン・ロンロンが演じるほか、日本から阿部寛、松坂慶子らが参加している。あらすじ:遣唐使としてやってきた若き日の空海が、詩人の白楽天とともに唐の首都・長安を揺るがす巨大な謎に挑むなかで、遣唐使・安倍仲麻呂の…