春告鳥 女占い十二か月2017/01/23

春告鳥 女占い十二か月
「春告鳥 女占い十二か月」 杉本 章子・著 文春文庫
女の吉凶を生まれ月で占う江戸時代の本「女用知恵鑑宝織(おんなようちえかがみたからおり)」を題材に、1月から12月生まれのそれぞれの女の物語。短編集になっています。この占いの本は前世がどうだったかによって、運命が決まっているという書き方になっています。
面白かったけど、ハッピーエンドとそうでないのがあって、できたら全部幸せな話にして欲しかったです。月ごとの風物が入っているし、庶民の生活がうかがえます。せつなかったり、過酷だったりすることもありましが、全体として面白かったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック