キセキ あの日のソビト2017/01/11

キセキ あの日のソビト
「キセキ あの日のソビト」 一ツ橋ホール(試写会)
厳格な医師の父親(小林薫)の下を飛び出したミュージシャン志望の兄・ジン(松坂桃李)と、父の思いを受けて歯科医師を目指す弟ヒデ(菅田将暉)。ヒデが大学の仲間と組んだバンドの曲を聴いて、弟の音楽の才能を知る。しかし、父親が許すはずはなく、顔を出さないでCDデビューをする作戦に出る。
父親役の小林薫が、いつもと違って普通のおじさんっぽく見えました。しかし、高圧的すぎる父親でした。ひと昔前の怖い父という感じでした。家族はついていけない感じがします。医師としては優しそうなんだけど。
音楽をやりたいことを言い出せない弟。兄がサポートにまわってヒット曲ができあがります。
ご存知の通り、メンバーが歯科医師で顔出しを一切しないというボーカルグループ「GReeeeN」の代表曲「キセキ」の誕生秘話です。
勉強もできて、音楽の才能もある人たちなのかと思っていたら、勉強と音楽の道、苦悩と葛藤の末に生み出されていることがわかります。
兄弟の物語が中心になっていました。
劇的なことはないけど、等身大の実話がわかって良かったです。ファンの人はもちろん、そうでない人でも興味がわくと思います。
歌声も披露してくれています。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/01/11/8315403/tb

_ ここなつ映画レビュー - 2017/02/21 16:23

GReeeeNの誕生秘話である。GReeeeNの「キセキ」は大好きな曲で、思い出もいっぱい詰まっているから、この作品で「キセキ」がラストにかかると知って、この曲を聞くためだけに観に行った。「キセキ」一曲聴く為だけに1時間半〜2時間もの間待っているのもナンなのであるが、こういうのって1時間半でも2時間でも、そこに至るまでの盛り上がりが肝心なのだからして。「ヤラレた〜!」とラストで思いたいな、と。ところが実際観て、私の目的とは違う部分でかなりヤラレてしまった。これはね、この作品は「家族」の「兄弟」の、「青春」の「生き方」の物語である。そんなの初めから判ってるじゃん?というのはきっと多くの方々...

_ 象のロケット - 2017/02/24 08:50

厳しい父の反対を押し切り家を飛び出した、ミュージシャンの兄ジン。 父の想いを受け歯医者を目指す弟ヒデも、仲間と共に音楽の魅力に引き寄せられていた。 音楽に挫折していた頃、弟たちの才能を知ったジンは、彼らに自分の夢を託そうと決意する…。 実話から生まれた、覆面ボーカルグループの“軌跡”と“奇跡”を描く“輝石”の物語。 ≪歯医者も歌も、どっちも本気!≫