陽だまりの彼女2013/10/06

陽だまりの彼女
「陽だまりの彼女」の試写会へ行ってきました。
彼女なしサエない営業マンの浩介(松本潤)は、仕事先で運命の再会を果たす。中学時代の同級生・真緒(上野樹里)だった。勉強ができなくてイジメられていた彼女は、仕事のできる美しい女性になっていた。中学の時に真緒をかばったことで、クラスの中で浮いた存在だった2人だったが、浩介が勉強を教えたりする間柄だった。再会後、急速に距離が縮まった2人は幸せな毎日を過ごす、しかし真緒には、浩介に言っていない大きな秘密があった…。
原作は読んでいないけど、ネタバレを知っていたので、想像通りでした。その秘密というのは病気ではありませんが、知らない方が面白いと思います。伏線がいっぱい出てくるので、途中でわかってしまうかも。その秘密以外は、普通のラブストーリーでした。松本潤ファンの人は楽しいかもしれないけど、キスシーンとかは許せないとかないのかなぁ。上野樹里のファッションが明るくてかわいらしく、彼女の雰囲気にピッタリでした。アイドルの松本潤がイケてない役をやっているのが、ヘンな感じもしますが、そういう風にも見えました。普段着っぽい服装もいろいろ見れます。どちらかと言えば女の子向きの話で、試写会もOLさんやギャルがいっぱいで、混んでいました。「おしん」の時は年配の人が多かったので、かなりの違い。にぎやかでした。
浩介は小学生役、中学生役の子もいるのだけど、みんなかっこいい子でした。真緒の中学時代の子も上野樹里に似ていて合っていました。江の島や江ノ電、江の島水族館などが出てきます。神奈川県だとデートの定番なのかも。

★★★☆☆ 3

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

_ はらやんの映画徒然草 - 2014/01/18 23:49

松本潤さん、上野樹里さん主演のラブストーリーでありファンタジーでもある物語。 中