ザ・タウン2011/02/01

ザ・タウン
「ザ・タウン」の試写会へ行ってきました。
アメリカ・ボストンの北東部に位置するチャールズ・タウン、犯罪多発地域である。そこに暮らす人々はその街を“タウン”と呼ぶ。
そこで育ったダグ(ベン・アフレック)は、幼なじみのジェム(ジェレミー・レナー)らと共に4人組の強盗グループとなっている。銀行強盗の現場で、人質にとった支店長のクレア(レベッカ・ホール)を開放したものの、彼女がどれだけ知っているか、警察やFBIの動きを探るため、ダグはクレアに近づいた。クレアの方は、数日前に銀行を襲った一味だとは全く気が付いていない。ダグとクレアは次第に惹かれあっていくのだが…。

ベン・アフレック監督、脚本、主演のクライム・ムービー。
「それでも恋するバルセロナ」ではスカヨハやペネロペの方に目がいっちゃったけど、レベッカ・ホールってきれいですね。若い女の人だったから銀行の支店長というのが、はじめはわからなかったです。
話はよくできていました。ネタバレになるといけないので、あまり言いませんが、ダグがホッケーをやっていたことや、女の嫉妬とか、いろいろなことが伏線になっていたりして、エピソードに無駄がないです。
犯行をする時にかぶるマスクが不気味なんだけど、これがまた映画の雰囲気をうまくかもし出しています。
俳優としても監督としても評価されているクリント・イーストウッドのように、ベン・アフレックもなっていくんじゃないかなぁ。

★★★★☆

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2011/02/01/5659179/tb

_ うろうろ日記 - 2011/02/04 00:16

試写会で見ました。強盗と人質と言う関係で出会った二人ですが、主人公は、人質を見張

_ MOVIE レビュー - 2011/02/08 15:45

映画「ザ・タウン」を観てきました。ベン・アフレックが主演・脚本・監督の一人3役を務めています。ベン・アフレックの脚本と言えば、過去に、まだハーバード大学に在学中だった幼なじみで親友のマット・デイモンと共同執筆した「グッド・ウィル・ハンティング(1997...

_ 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 - 2011/02/12 20:30

ベン・アフレックの監督第2作。
橋一つを隔てただけで、生活レベルが全く違う環境のもと、犯罪発生率が高い都市、ボストン・チャールズタウンが舞台。
チャールズタウンからアップタウンに銀行強盗を行う犯罪団のリーダーをアフレックが演じる。

彼に、強烈な個性がたく...

_ 労組書記長社労士のブログ - 2011/02/14 16:38


【=11 -3-】 この三連休は仕事だった、だから今日も仕事の隙間に映画に行ってみた。
仕事になって、波乗り行かずに大阪に居たら、映画を観て、トレーニングもみっちり時間をかけて出来て、買い物とかの野暮用も消化でき、そして仕事も出来て、久しぶりの友人にも会えた...

_ タナウツネット雑記ブログ - 2011/02/15 02:26

映画「ザ・タウン」観に行ってきました。
年間300件以上もの銀行強盗事件が発生するマサチューセッツ州ボストンのチャールズタウン(略称「タウン」)を舞台に繰り広げられるクライム・アクションドラマ。
作中では暴力が振るわれたり銃撃で頭を貫かれたりする描写やセックスシーンがあるためか、この作品はPG-12

_ 京の昼寝〜♪ - 2011/02/18 12:27


 
□作品オフィシャルサイト 「ザ・タウン」□監督・脚本 ベン・アフレック □脚本 ピーター・クレイグ、アーロン・ストッカード□原作 チャック・ホーガン □キャスト ベン・アフレック、レベッカ・ホール、ジョン・ハム、ブレイク・ライヴリー、ジェレミー・レナー、ピート・ポスルスウェイト■鑑賞日 2月12日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想>
  アメリカでも最も強盗が多発する街チャールズタウン。  ボストン・レッドソックスの松坂家族は大丈夫なのだろうか(笑) ベン・アフレックは2度目の監督作品となる。 この街で生まれ育ち、まるで家業のように強盗が引き継がれているかのように。 ダグ(ベン・アフレック)は、3人の仲間と銀行強盗や現金輸送車襲撃で今まで完全犯罪を続けていた。 ある日強盗に入った銀行で人質にした支店長クレア(レベッカ・ホール)にタグは一目惚れ。 顔を見られてないことをいいことに、タグは彼女と恋に落ちる。  そのことでタグは生まれ育ったこの街を彼女と抜け出そうと考え始める。 しかしながら、仲間を裏切ることも出来ず、FBIのフローリー(ジョン・ハム)に追われる羽目に陥る。
 仲間と取るか、愛した女を取るか・・・それが問題だ。 とは言わないまでも揺れ動く二人の心の内や、銀行襲撃や現金輸送車襲撃等の ガン・アクションはなかなか迫力ある映像だった。 特に地元ボストンのフェンウェイ・パークでの銃撃戦は、追い詰められて逃げ道のない まさに人生の末路を描き出していた。 仲間が一人、また一人と死んでいく中、残ったタグとジェレミー・レナーはさらに逃げ延びる。 タグだけが逃げ延びたものの、FBIが張っていてクレアとは会えない。 唯一二人のキーワードとなる晴れた空の下でという暗黙の了解が、もしかしたら 二度と会えない哀しさを乗り越え、タグは彼女の花壇に贈り物を埋めていた。 それは、彼女なら盗んだ金を有効に使ってくれると信じる男の今までの犯罪に対する懺悔だったなのだろうか・・・。 彼女と交わした約束、それはラストでスケート場を改装し、少年たちがアイスホッケーの 練習しているシーンに描かれ、そのシーンでウルウルきた
 今回のアカデミー賞助演男優賞にノミネートされているジェムを演じたジェレミー・レナーは、 なかなか存在感が

_ 映画的・絵画的・音楽的 - 2011/03/09 21:58

 『ザ・タウン』を新宿ピカデリーで見ました。

(1)この映画の前に見た『ジーン・ワルツ』は、出産を扱っていることから当然のことながら、女性中心の作品になっていましたが、本作品は強盗団一味を描く犯罪物ですから、登場する主な女性はたったの二人です。
 いずれも...

_ KINTYRE’SDIARY - 2011/03/14 22:16

11-13.ザ・タウン■原題:TheTown■製作年・国:2010年、アメリカ■上映時間:125分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:2月13日、新宿ミラノ(歌舞伎町)■料金:1,800円スタッ...

_ 映画のブログ - 2011/03/17 10:16

 【ネタバレ注意】

 『ザ・タウン』を観た翌々日、再び映画館に足を運んで『ザ・タウン』を観た。こんなことは初めてである。
 1度目は大いに楽しんだ。2度目は脚本の妙に感心した。
 本作では、後の...

_ よしなしごと - 2011/03/18 04:33




 銀行強盗の覆面が印象的な予告編。そしてこの作品に出演しているピート・ポスルスウェイトが今年2011年1月2日に死去され、本作が遺作となったザ・タウンを観てきました。

_ Subterranean サブタレイニアン - 2011/07/27 20:18

監督 ベン・アフレック 主演 ベン・アフレック 2010年 アメリカ映画 150分 ドラマ 採点★★★★ 私が生まれた田舎町は、県内で一番大きな街である仙台まで電車一本で行けるってこともあってか、駅前にはサラリーマン族や商店などちょっと裕福な人が集まり、線路を…