打たれ強く生きる2010/10/13

打たれ強く生きる
「打たれ強く生きる」城山三郎・著 新潮文庫
大きな耳、歩け歩け、ぼちぼちが一番、配転は新しいはじまり等と章の
タイトルがついています。
著者が日々接した人のことや、感じたことを、主にビジネスマンのため
に語りかけて、アドバイスしているような本です。
例えば、不本意なポストに配置換えされたとしても、身に付けるものは
たくさんあるし、そこで一回り大きく成長することもできるはず。
いろいろな例をあげて、わかりやすく優しい言葉で解説してくれます。
有名な人のことも、たくさん出てきて、その人の知られざる側面をのぞ
かせてくれたりします。
社会情勢は大きく変わっていきますが、人間の姿勢・基本的な考え方
は、どこにでも通じることが書かれていて、参考になりました。
打たれ弱い私ですが。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック