手のひらの幸せ2010/02/04

「手のひらの幸せ」という映画を見ました。
原作はなんと歌手の布施明です。
二人きりの兄弟の小さい頃の話と、大人になった話で、
泣けてしまう話なんだけど、そりゃあ泣くでしょうっていう
内容なんです。
母は亡くなり、父は出稼ぎへ行ってから連絡がなく、
一緒に住んでいたおじいさんが、亡くなったことで、
幼い兄弟は、施設に身を寄せます。
弟は養子へ行き、兄は父が戻ることを待ちながら、
施設に残ります。
大人になっても会ったり、連絡を取り合い、兄弟が心の支えと
なっています。
タイトルになっているのは、兄弟の小さい頃のエピソードで、
西田敏行が演じるおじさんに受けた親切の話。
幼い兄弟が、世間の人に冷たくされるのかと思いきや、
まわりの人はみんな親切で、良い人がいっぱい
出てくる映画でした。
施設の人も優しく、弟の養父母もいい人だし、兄の仕事先の
上司(大工なので、棟梁と兄貴分)まで、みな思いやりが
あります。兄貴分の演技は少々クサすぎますが。
子どもの頃は昭和33年で、映画もスローテンポな感じで、
少々まどろっこしく感じてしまいました。
若い人にはすすめません。しかし、子どもはかわいい。

★★★☆☆

コメント

_ ゆみこ ― 2010/02/04 20:03

映画、最近「この先はこんな展開だな」、とか先読みしすぎですべて面白くないくなっています。
評を読んで見てみたくなりました。
PS
写真のおかっぱっぽい子はてっきり女の子と思ったら
兄弟なんですね。

_ spice@管理人 ― 2010/02/04 23:51

弟の方の子ども時代は、私も女の子みたいって思ってました。
そういえば、仲間由紀恵も、高校の先生役で出ていました。
ごくせんじゃないけどね。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック