牧歌礼讃/楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン+藤田龍児2022/05/16



「牧歌礼讃/楽園憧憬 アンドレ・ボーシャン+藤田龍児」
東京ステーションギャラリー
アンドレ・ボーシャン(1873-1958)藤田龍児(1928-2002)
2人の画家の展覧会です。時代も活動拠点も違うのですが、牧歌的で楽園のような風景、自然を丁寧に描いているところに共通するところがあるようです。
それほど期待していなかったけど、見てみたらすごい良かったです。私は両方知らない画家でした。特に藤田龍児が気に入りました。若い頃から画家として活躍していた藤田龍児は、50歳目前に脳血栓により、右半身不随となります。一時は絵の道を諦めるのですが、数年後、左手に筆を持ち替えて再起を図ります。それをきっかけに、画風も変わっていき、抽象的な絵から、牧歌的な明るい絵を描くようになったそうです。それからの絵が良いのです。穏やかな日常な絵にも見えるのですが、どこかファンタジックな雰囲気がするのです。絵本の世界のようにも感じました。木の形が独特で、幹が細く下の方には枝がなく、上に葉が茂っているの絵が多かったです。白い犬が描かれているのも多かったです。どこかに赤色が効いていて、さし色のようになっていて、かわいいのです。


  《静かなる町》藤田龍児

アンドレ・ボーシャンはフランスの画家で、自然や花が丁寧に描かれていて、明るい色調でした。でも人物の絵が微妙なんです。そこも味わいがあるのですけどね。ちょっとアンリ・ルソーが思い浮かんできました。


  《芸術家たちの聖母》アンドレ・ボーシャン

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック