再会の奈良2022/02/10



「再会の奈良」 シネスイッチ銀座
2005年、中国に暮らす陳ばあちゃん(ウー・イエンシュー)が、孫娘のような存在で、日本で暮らしているシャオザー(イン・ズー)を頼って単身奈良にやって来た。
1994年に日本に帰した中国残留孤児の養女・麗華からの連絡が数年前から途絶え、それを心配してやって来たという。麗華を捜し始めた2人は、元警察官の一雄(國村隼)と知り合い、麗華捜しを手伝ってもらうころになるが……。
河瀬直美とジャ・ジャンクーがプロデュース、新鋭ポンフェイ監督。日中合作映画。
奈良が舞台という事もあって、河瀨直美監督作品に似ている気がしました。永瀬正敏も出ていたのも、河瀨直美監督の「あん」に出ていたから。ジャ・ジャンクー監督作品や河瀨直美監督作品が好きな方には良いかもしれません。ジャ・ジャンクーは「山河ノスタルジア」「長江哀歌」などを観ました。
中国からやってきたおばあちゃん役のウー・イエンシューは、近頃は「花椒の味」で観ました。「妻の愛、娘の時」にも出ていて、印象的な女優さんです。ちょっとガンコな人の役が多そうです。ほがらかな奈良の町は良いのですが、中国残留孤児の人の大変さがにじみ出てきます。中国で、養女となって、陳おばあちゃんに育てられたのに、大人になってから、言葉もわからない日本に来て家族を探す困難さがわかります。すぐに血縁家族がみつかれば良いけれど、そうでない人もたくさんいました。日本で暮らす若いシャオザーにしても、生活が大変そうです。アルバイトしながら、家では内職もしています。内職のお金もほんのわずかです。話は期待とは別な方向へどんどん傾いていきました。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック