鹿の王 ユナと約束の旅2022/02/11



「鹿の王 ユナと約束の旅」
最強の戦士団「独角」の最後の頭であったヴァン(声:堤真一)は、強大な帝国・東乎瑠(ツオル)との戦に敗れ、奴隷となり岩塩鉱に囚われていた。ある夜、不思議な山犬の群れが岩塩鉱を襲い、死に至る謎の病「黒狼熱(ミツツァル)」が発生。その隙に逃げ出したヴァンは、幼い少女ユナ(声:木村日翠)を拾う。一方、東乎瑠の民だけが病にかかると噂される王幡領では、天才医師ホッサル(声:竹内涼真)が懸命にその治療法を探していた。
ヴァンを追う謎の戦士サエ(声:杏)が絡み、ファンタジーだけど、ロードムービーのような雰囲気もありました。
「精霊の守り人」などの上橋菜穂子が原作なので、壮大な物語なのだと思いますが、細かいところまではできないので、ギュッとまとめた映画なのだと思います。国の名前や、病気の名前が聞き慣れない造語だし、説明不足はあったけど、ストーリーは良かったです。絵がもう少しかわいいと良かったです。俳優が声優をやると、顔が思い浮かんで来てしまい、話には集中しにくいところはあります。でも、みなさん上手でした。杏は、他の映画でも、よく声優をやっていますから、安定のうまさですが、堤真一、竹内涼真も良かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック