月影の舞 立場茶屋おりき42020/11/20


月影の舞 立場茶屋おりき

「月影の舞 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
立場茶屋「おりき」の茶立女・おまきは、夜更けの堤防で、月影を受け、扇を手に地唄舞を舞っている若い女を見かけた。それは、幾千代の元で、芸者見習い中のおさんであった。一方、おりきは、幾千代から、茶屋の追廻をしていた又市が、人相の悪い男たちに連れられていたという話を聞き、亀蔵親分とともに駆けつけるが…。
シリーズ第4弾。この本を紹介していただいた人が言っていましたが、亡くなってしまう人が多いということです。確かに、悪い人が亡くなるばかりでなく、大切な人が亡くなって事が多いのです。それが人の世の習いなのでしょうか。この時代だと、寿命も短いし、事故や病気でも、お金のない人は、治療が受けられないし、医療技術も進んでいないですから。
それにしても主人公のおりきは、マザーテレサのように見えてきました。働く人たちを家族のように大切にするだけでなく、困っている人を自分の店に引き取り、仕事を与えて、生活できるようにしてあげます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック