行合橋 立場茶屋おりき22020/10/27


行合橋 立場茶屋おりき

「行合橋 立場茶屋おりき」 今井 絵美子・著 ハルキ文庫
行合橋は男と女が出逢い、そして別れる場所―品川宿にある立場茶屋おりきの茶立女・おまきは、近頃度々やって来ては誰かを探している様子の男が気になっていた。かつて自分を騙し捨てた男の顔が重ったのだ。一方、おりきが面倒をみている武家の記憶は戻らないまま。そんな中、事件が起きる…。
シリーズ第2弾。いろいろな別れや出会いがあります。短編連作だけど、何話にもまたがっている内容もあります。面白いですが、無情に思うことも多いです。ただ楽しいだけではないのです。
長いシリーズでも一気に読めてしまいそうな気がしています。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック