任侠学園2019/10/15


任侠学園

「任侠学園」 TOHOシネマズ日比谷
社会奉仕がモットーの地元密着型ヤクザ・阿岐本組。人の良い組長(西田敏行)は次から次へと厄介事を引き受けてしまい、ナンー2の日村(西島秀俊)はいつも振り回されている。そんな彼らが、経営不振の高校の建て直しに協力することに。学校には嫌な思い出しかない日村は子分たちを連れて仕方なく学園へ向かうが、そこで彼らを待ち受けていたのは、無気力・無関心な高校生と事なかれ主義の先生たちだった。それでも義理人情の正義を貫こうとする阿岐本組の情熱に、学園内の空気は徐々に変わっていくが……。
新任の先生がやって来て、問題のあった学校を、情熱で改革していくというような話を、先生じゃなくヤクザでやったような映画でした。ところどころ笑えるし、王道の感動させようとするストーリーでしたが、全然怖くないヤクザや、ステレオタイプの生徒と先生と感じるところもありました。怖くないのでご年配の人も楽しめる、ハートウォーミングなコメディでした。悪くないけど「記憶にございません」の方が面白いかなぁ。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック