旅猫リポート2018/11/17


旅猫リポート

「旅猫リポート」 丸の内ピカデリー
元野良猫のナナ(声:高畑充希)は、交通事故に遭ったところを猫好きの青年・悟(福士蒼汰)に助けられ、それ以来5年間、彼の飼い猫として幸せに暮らしてきた。ある事情からナナを手放すことになった悟は、新しい飼い主を探すため旅に出る。幼なじみなど、悟のことを知る友人たちに会いながら、過去をふりかえる。
原作を読んだら、映画が見たくなりました。内容は同じなのだけど、原作では主に3つのエピソードがあるのだけど、映画は1つ省略されていました。長さの関係もあるし、子猫が出てくるから、演技的にも難しいのかも。ナナも他に出てきた猫や犬も上手でした。
原作だと北海道へ行くところを北九州になっていて、あれと思いました。菜の花のシーンはてっきり北海道なのかと思っていたのです。
でも楽しく鑑賞できました。というより泣けました。「コーヒーが冷めないうちに」よりは泣けますね。福士蒼汰くんの子ども時代の役の子は、雰囲気は似ていて、説得力がありました。

★★★★☆ 4-

コメント

_ ふじき78 ― 2018/11/19 00:00

私、意地悪なので、福士蒼汰君は高校生は出来ても中学生はきついし、小学生の彼を中学生の役まで引き上げるのも、成長期で無理があるし、一人の役を三人が演じるのもそれはそれで混乱しそう。だからかなと舞台裏を考えたりしてしまいました。原作は未読ですが、抜いてスッキリしたんじゃないかと思います。

_ spice管理人 ― 2018/11/19 01:28

ふじき78さん
そうですね。中学生の役なら、もう1人役者が必要になりますし、それだと混乱しそうですね。省略して良かったのかもしれません。うまくまとまっていました。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/11/17/8999721/tb

_ 象のロケット - 2018/11/17 09:12

元野良猫のナナは、交通事故にあったところを心優しい青年・悟に助けられ、5年間、飼い猫として幸せに暮らしてきた。 事情があってナナを手放さなくてはならなくなった悟は、ナナと一緒に、新しい飼い主を探す旅に出る。 悟とナナは銀色のワゴンに乗って、悟の大切な人たちを訪ねていく…。 ロード・ムービー。

_ ふじき78の死屍累々映画日記・第二章 - 2018/11/19 00:09

摘まんで5本まとめてレビュー。

◆『旅猫レポート』トーホーシネマズ渋谷5

▲『ブリーチ』の死神と『残穢』の先生の間を行ったり来たりする業の深い猫。

五つ星評価で【★★★思ったよりも予告編以上の物がなかった】
予告編通りの泣き活映画。
予告編から窺い知れないのは、主人公と父母の関係性の話くらいか。
それにしても、もう全体像もやり口も読めてるのに、
着実に堂々と拷問のよ...