カメラを止めるな!2018/08/17


カメラを止めるな!

「カメラを止めるな!」 TOHOシネマズ上野
映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画の撮影をしていたが、そこへ本物のゾンビが襲来。監督の日暮(濱津隆之)はリアルな俳優たちを見て喜こんで撮影を続けるが、撮影隊の面々は次々とゾンビ化していき……。
話題の映画、やっと見れました。都内2館で上映していたこの映画が、クチコミやTwitterなどで、爆発的に広がり、全国で約150館以上で上映していくことになりました。内容を説明すると、ネタバレになってしまうという、皆の意見で余計に気になる人が続出したように思います。確かに何も知らないまま見た方が面白いと思いました。ゾンビの感染が広がるように、まさに観客が増え続けているようです。
試写会だったら、拍手が起こるだろうなと思うほどの、後味の良い映画でした。
「バーフバリ」もそうでしたが、本当に面白い映画だったら、SNSでどんどん人気が高まっていくので、映画を作る人たちにとってもうれしいでしょうね。計算された構成で、よくできていました。誰かにすすめたくなる映画です。特にマニア向けというわけもなく、わかりやすいです。それほどお金はかかっていないけど、映画作りに対する愛があふれています。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/08/16/8943703/tb