内藤ルネ展2018/06/10


内藤ルネ展

「Roots of Kawaii 内藤ルネ展」 上野松坂屋店
「カワイイ文化の生みの親」(Roots of Kawaii)と称され1950〜1960年代にかけ、日本の少女文化をリードしたマルチクリエーター内藤ルネ(1932-2007)の展覧会です。師匠は中原淳一です。「じゅにあそれいゆ」などの少女雑誌で、イラストや人形作品を発表していたそうです。年代的に私は知らないですが、その後、パンダのキャラクターなどグッズになっているのも多いので、見たことある人も多いと思います。


こういうグッズです。


写真撮影OKの作品もあります。今見ても、おしゃれなファッションをまとっているし、カラフルな雑貨も古めかしさはなく、かわいいです。


知らない方もいるかもしれませんが、内藤ルネさんは男性です。可愛らしい絵が多いので、初めて知ったときは驚きました。

でも今回の展覧会で初めて知ったこともあります。雑誌の「薔薇族」の表紙絵も内藤ルネさんが描いていたことです。「薔薇族」も知らない人もいるでしょうけど。


例えばこういう表紙絵です。佐原サムというペンネームで描いていたそうです。ちょっとイメージが違かったので、これらの作品も内藤ルネだったのかと会場で驚きました。

コメント

_ レスリー・チュン  ― 2018/06/11 23:49

ベレー帽をかぶった女性の絵は、なんか見た事ある感じもしたのですけど、中原さんのお弟子さんですか。やはり、バラ族の表紙も手掛けていたって、性差を超越したセンスの持ち主ってのは、ボーダレスなんでしょうか。

_ spice管理人 ― 2018/06/12 00:50

レスリー・チュンさん
中原淳一さんにたくさん絵や詩を入れた手紙を書いて、呼んでもらって中原先生が主宰する出版社に入社したようです。その後、主要メンバーになっていったみたいです。私生活では薔薇族の編集に関わっていた人のパートナーだったそうです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/06/10/8890927/tb