スリー・ビルボード2018/02/07


スリー・ビルボード

「スリー・ビルボード」 TOHOシネマズシャンテ
米ミズーリ州の田舎町で、7ヶ月前に娘を殺された主婦のミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)が、進展しない犯人探しに業を煮やし、行動を起こす。それは町はずれに巨大な看板を設置することだった。それをこころよく思わない者たちもいて、警察や住民を巻き込んでいさかいが起こり始める。そして、事態は思わぬ方向へと転がっていく。
警察署長はウディ・ハレルソン、差別主義者の警官にサム・ロックウェル。実力者が揃っています。娘を亡くした苦しみや後悔、暴力性の影に潜む悩みなど、本当に上手に表現してくれています。突飛(過激!)な行動をする人達ばかりなんだけど、気持ちが伝わってきます。
監督のマーティン・マクドナーは、劇作家でもあるようで、この面白い映画の脚本も書いています。そう、面白い話なのです。辛いことばかりのようにも思えるのだけど、なんだかほっこりします。次はどうなっていくのか、想像もつかず、期待を裏切っていくのに、想像以上に良い話になっていきます。
映画通を唸らせるような映画でした。本当はその後のことも描いてほしいとも思うんだけど、そこがまた良いのかもしれないとも思ったりします。
ミルドレッドの息子役ルーカス・ヘッジズはどこかで見たと思ったら「マンチェスター・バイ・ザ・シー」の主人公の甥っ子でしたね。

★★★★☆ 4+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/07/8783664/tb

_ 象のロケット - 2018/02/07 08:40

アメリカ・ミズーリ州の田舎町エビング。 さびれた道路沿いの広告看板に、地元警察の署長ウィルビーを批判するメッセージが表示される。 それは、7ヶ月前に娘を殺された母親ミルドレッドが、進展しない捜査に腹を立てて出した広告だった。 人望あるウィルビーを攻撃したことで、ミルドレッドは非難を浴びることに…。 クライム・サスペンス。

_ あーうぃ だにぇっと - 2018/02/14 08:03

スリー・ビルボード@有楽町朝日ホール

_ シネマ・ジャンプストリート 映画のブログ - 2018/02/14 22:17

不完全な人間こそを、愛でようではないか。

アカデミー賞大本命!
『スリー・ビルボード』



~あらすじ~
ミズーリ州の田舎町。7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、決して屈しなかった。やが...

_ ディレクターの目線blog@FC2 - 2018/02/15 09:52



映画 『スリー・ビルボード(日本語字幕版)』(公式)を本日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら80点にします。









ディレクター目線のざっくりストーリー


ミズーリ州の田舎町で、数か月前に何者かに娘を殺された女性ミルドレッドは、犯人は捕まらず警察の捜査も一向に進展しないことに腹を立て、さびれた道路に3枚の看板...

_ Days of Books, Films - 2018/02/15 15:10

Three Billboards Outside Ebbing, Missour

_ 映画に夢中 - 2018/02/15 19:43

「ファーゴ」のフランシス・マクドーマンドが娘を殺された母親の怒りと悲しみを体現して絶賛された衝撃のサスペンス・ドラマ。アメリカの田舎町を舞台に、主人公がいつまでも犯人を捕まえられない警察に怒りの看板広告を掲げたことをきっかけに、町の住人それぞれが抱える怒りや葛藤が剥き出しになっていくさまを、ダークなユーモアを織り交ぜつつ、予測不能のストーリー展開でスリリングに描き出す。共演はウディ・ハレルソン、サム・ロックウェル。監督は「ヒットマンズ・レクイエム」「セブン・サイコパス」のマーティン・マクドナー。あらすじ:アメリカ、ミズーリ州の田舎町エビング。ある日、道路脇に立つ3枚の立て看板に、地元警察への…

_ ここなつ映画レビュー - 2018/03/05 12:57

なんという作品!なんという…。素晴らしいとしか言いようがない。とはいえ、深く感動したりその感動の為に落涙したりするという意味で言った訳ではない。感動して落涙もするのだけれど、それ以上の何か。これは誇りと尊厳の物語である。根底から漲る強さ。だがそれと同じくらい深い所にある後悔。それがミルドレッド(フランシス・マクドーマン)を突き動かす。3枚のビルボードは象徴に過ぎない。全てを失ったと思っていたが、まだやるべきことがある。青いジャンプスーツに身を包み。もうこれは、もうこれはね、「観るべき」としか言いようがない。ミルドレッドは7ヶ月前に娘をレイプされて焼き殺された。だが、犯人は挙がらない。町の警察…

_ 或る日の出来事 - 2018/03/15 09:48

見応えがあって良い。