破裏拳ポリマー2017/04/28

破裏拳ポリマー
「破裏拳ポリマー」 神楽座(試写会)
警視庁と防衛庁が極秘裏に開発した特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」。奪われた3体を取り戻すために、警視庁が協力要請したのは、放浪のストリートファイターで探偵の鎧武士(溝端淳平)。実はオリジナル版のポリマースーツの起動は、武士の声に反応するように作られていた。犯罪に悪用されるのを防ぐため、新米刑事・来間譲一(山田裕貴)と共に、スーツの行方を追う…。
1974年のタツノコプロアニメの実写化だそうです。タツノコプロといえば「タイムボカン」「ガッチャマン」など、他の作品はいろいろ知っているけど、この作品は知りませんでした。確かにタツノコプロらしいヒーローものです。そこはかとなく漂うのは昭和感。父と子の絆や、探偵、相棒ものと、昔のアニメやドラマって、そういえばこういう感じだったかもと思い出しました。グラビアの原幹恵と柳ゆり菜が出ていて、ちょっとわざとらしい色っぽさを演出しています。ターゲットが男性な気がしました。
実際はスーツを着てのアクションは大変でしょうけど、違和感なく戦っていました。私は戦隊ものはあまり見ないので、良さが伝わってきてないかもしれないけど、タツノコプロのアニメ好きな人や、小さいお子さんには良いと思います。

★★☆☆☆ 2+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2017/04/28/8502667/tb

_ 象のロケット - 2017/07/05 22:07

警視庁と防衛省が極秘裏に開発した特殊装甲スーツ「ポリマースーツ」3体が奪われた。 スーツ奪還のため警視庁が白羽の矢を立てたのは、流浪のカンフー探偵・鎧武士(よろいたけし)。 彼は、一子相伝の奥義・破裏拳流拳法を操る達人で、彼だけが「ポリマースーツ」のオリジナルである赤い最強スーツを起動できるのだった…。 人気ヒーローアニメ実写劇場版。 ≪この世に悪のある限り、正義の怒りが俺を呼ぶ!≫