セイフヘイヴン2013/11/07

セイフヘイヴン
「セイフヘイヴン」を観てきました。
アトランタ行きの長距離バスに乗って、逃げるようにやってきたケイティ(ジュリアン・ハフ)は、途中休憩の為に立ち寄った港町サウスポートでバスを降り、そこに住むことを決意する。レストランで働き、森の中のキャビンを借りて、新しい生活をスタートさせる。そんなケイティを見て、手助けをしようとするシングルファザーのアレックス(ジョシュ・デュアメル)。警戒していたケイティだが、いつしか2人は親密になっていく。しかし、ケイティの過去が彼女を苦しめる…。
サスペンスタッチのラブロマンスという感じでした。ラッセ・ハルストレム監督で、原作は「きみに読む物語」などのニコラス・パークス。いかにも女性が好きそうな甘い話でした。予告編を観て、どういう結末になるのかが気になっていました。この話はネタバレするとつまらない点が2つあって、1つの方はこうなんじゃないかなぁと途中で想像がつきました。いつ気がつくのだろうとヤキモキしました。
舞台となる町は、田舎で小さな町ということだったけど、とても良い所のように思えました。木漏れ日の中を歩いたり、浜辺へ行って泳いだり、カヌーに乗ったり、自然豊かな素晴らしい所でした。映画で見ているだけでは、体感まででlきないけど、行ってみたいと思えるような場所でした。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック