シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声2022/05/29


シング・ア・ソング!

シング・ア・ソング! 笑顔を咲かす歌声」 ヒューマントラストシネマ有楽町
「フル・モンティ」のピーター・カッタネオ監督が、軍人の妻たちが結成した合唱団の実話を基に描いたヒューマンドラマ。
愛する夫を戦地へ送り出し、無事を願いながらイギリス軍基地で暮らす女性たち。夫を謙虚に待ち続けることを求められる彼女たちは、互いに支え合って苦難を乗り越えるため合唱団を結成する。年長者のケイト(クリスティン・スコット・トーマス)やアクティブなリサ(シャロン・ホーガン)が中心となり、メンバーの心と歌声は徐々にまとまっていく。そんなある日、彼女たちのもとに大規模な戦没者追悼イベントへの招待状が届く。ところが、そこへ最悪の知らせが舞い込み……。
人気ポップソングや、実際の合唱団メンバーの手紙から作られた楽曲など、劇中で歌われる曲が女性たちの心情を表現する。
基地で暮らす兵士の妻たちの苦労がうかがえます。ケイトはリーダー的な立場なのでしょうが、みんなからは疎まれていて、本人も少しはわかっているようなのだけど、口を出さずにはいられないのです。楽しめるはずの合唱団なのに、ケイトとリサの方向性が違うので、混乱してしまう前半部分でした。それでも、みんなで歌う楽しさも育まれていき、大勢の人の前で歌うという話も持ち込まれます。
楽しいだけの話ではないし、ケイトの苦悩も伝わってきます。深夜の通販番組を見ている気持ちがわかります。私も落ち込んでいる時、なかなか眠れなくて、深夜は通販番組しかやってないから、よく見ていた事があります。
本当に魅力的な歌声のメンバーが1人いて、人を惹きつける歌声って、こういうのだなぁ。声もきれいで、歌もずっと聴いていたい感じでした。特にアヴェマリアが素晴らしかったです。
感情をぶつけ合って、ひどい事を言ってしまうのに、割とすぐに仲直りできるのは、説得力に欠けるけど、男同士だと殴り合ってから、友情が芽生える話もよくあるから、そう言う感じなのか。映画は良かったです。

★★★★☆ 4-

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック