NO.6#72020/07/04



「NO.6 #7」 あさの あつこ・著 講談社文庫
要塞化している矯正施設へ潜り込んだ紫苑とネズミ。高度なセキュリティシステムをくぐり、兵士と闘いながら最上階へ駆け上がる。最上階にはNO.6を支配するマザーコンピューターと、沙布が捕らわれている部屋があるはず……。
弱そうな紫苑が実は強い精神の持ち主であるころがわかります。命の危機に瀕していても落ちついていて、信念に沿って行動していきます。それは、周囲の人たちを動かしてもいきます。
NO.6内部でも不穏な事件が多発していきます。あまり詳しい説明がないのと、最後のところが、気になる終わり方でした。結局最終巻まで読まないといろいろな謎や、恐らく良い結末は楽しめないだと思いました。近いうちに続きを読みたいと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック