スキャンダル2020/03/13


スキャンダル

「スキャンダル」 TOHOシネマズ日比谷
アメリカで視聴率ナンバーワンを誇るテレビ局FOXニュースの元・人気キャスターのグレッチェン・カールソン(ニコール・キッドマン)が、CEOのロジャー・エイルズ(ジョン・リスゴー)を提訴した。人気キャスターによるテレビ界の帝王へのスキャンダラスなニュースに、全世界のメディア界に激震が走った。FOXニュースの看板番組を担当するキャスターのメーガン・ケリー(シャーリーズ・セロン)は、自身がその地位に上り詰めるまでの過去を思い返し、平静ではいられなくなっていた。そんな中、メインキャスターの座のチャンスを虎視眈々と狙う若手のケイラ(マーゴット・ロビー)に、ロジャーと直接対面するチャンスがめぐってくるが……。
昨今、映画業界でも話題となっているセクハラ騒動。どこかで、誰かが声をあげないと、いつまでも続いていくし、才能があっても、要求に応じないとチャンスを得られないなんて、許せないです。それも女性ばかりが苦労させられて、不愉快になりますね。日本では、これほどひどいこともないと思いたいです。
ジョン・リスゴーが役作りなのか、太っていて、わかりませんでした。
ベースは実話なので、それほど痛快な感じがしませんでした。娯楽作品だったら、女性が協力して、偉い人に立ち向かって、ギャフンと言わせるのでしょうけど、この映画はそれぞれが別な行動をしています。権力者に歯向かうと仕事が続けられなくなるので、そちらに見方してしまうこともあります。それぞれの思惑があるし、リアルに起こったことを想像させます。キャスティングはとても良かったと思います。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック