珈琲店タレーランの事件簿1~22020/02/08




「珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら。あなたの淹れた珈琲を」
「珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る」
岡崎琢磨・著 宝島社文庫
京都の小路の一角に、ひっそりと店を構える珈琲店「タレーラン」。恋人と喧嘩した主人公は、偶然入ったこの店で、長年追い求めた理想の珈琲と出会う。
女性バリスタ・切間美星は聡明な頭脳で、店に持ち込まれる日常の謎を、解き明かしていく。
デビュー作がシリーズ化されているのだそうです。短編連作形式で、推理の時のルーティンがあったりして、連続ドラマになりそうな内容でした。
1巻も2巻もバリスタの過去が関係している話がありました。
語り手のアオヤマのことも、バリスタのことも、まだよくわからず、疑問を持ちながら読み進めました。2巻になると、関係性や背景がわかってきました。えっ、どういう事?と驚いたり、納得したりします。あまり恐ろしい事件は起きませんが、ソフトなミステリーでした。
タイトルの副題が、読み終わってみるとこういうことだったのかと思いました。
読みやすくて楽しかったです。表紙の絵がかわいらしいですね。
コーヒーが飲みたくなりました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック