無垢なる証人2020/02/07


無垢なる証人

「無垢なる証人」 シネマート新宿
弁護士のスノ(チョン・ウソン)は、新しい弁護士事務所に入って期待されている。
殺人事件の担当になって、容疑者の無罪を立証しようとするが、唯一の目撃者の少女ジウ(キム・ヒャンギ)が、自閉症で意思の疎通が難しい。事件のことを聞き出そうと、何度も会って話をしようとするうちに、次第に彼女のことを理解するようになっていく…。
これ、とっても良い映画でした。父の借金等もあり、もともと人権派の弁護士だったスノは、より出世を望める仕事をしようと方向転換しています。
ジウに出会ったことで、いろいろ考えさせられるのです。正義を求める気持ちがあるのに、依頼人に有利に進める事を求められます。裁判以外でも、理想と現実の間で揺れ動くのです。弁護士になった頃の気持ちとは、違うところへ来てしまった現在、何が正しいことかを見失いつうあるのです。心から笑えることがなくってきていたのではないでしょうか。事件の真相や主人公や周囲の人たちの変化など、見応えのある映画になっていました。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2020/02/06/9210286/tb