マンハント2018/02/14



「マンハント」 シネマイクスピアリ
製薬会社の顧問弁護士をつとめるドゥ・チウは(チャン・ハンユー)、パーティの翌朝、社長秘書・希子の死体の横で目を覚ます。現場の状況証拠はドゥ・チウが犯人だと示しており、罠にはめられたと気付いた彼は逃亡を図る。独自の捜査でドゥ・チウを追う敏腕刑事・矢村(福山雅治)は、ドゥ・チウのことを知るほどに事件がおかしいと思い始める。やがてドゥ・チウを捕らえた矢村はドゥ・チウの無実を確信し、警察に引き渡さずともに事件の真相を追うことを決意する。
始まり方は、演歌のカラオケ画像風でした。舞台は日本なんだけど、なんだか違和感のある日本なんです。中国映画なので、始まりだけじゃなく、その後もちょっと違う感じの日本が気になりました。セリフにしても、甘い(くさい?)言葉が多く、現代の日本人的な言い回しじゃないような気がしてしまって気になりました。
1976年に高倉健主演の「君よ憤怒の河を渉れ」を再映画化したものだそうで、そちらは見てないけど、昔の話を現代の設定にしているせいもあるのかもしれません。会社のパーティーでダンスしているのが、みんなで揃っていて、日本人らしくないダンスでした。おかしかったです。
目が覚めたら、隣りで女が死んでいて、嵌められたという話はよく聞くパターンです。古めかしく、日本に違和感は覚えるもののつまらないというわけでもないのです。ちょっと、懐かしいパターンの映画ではあるけれど、アクションも頑張っているのを感じました。
ジョン・ウー監督だと思ったら、物足りなく感じてしまうのかもしれません。監督お約束の鳩や二丁拳銃は健在です。スローモーションも多い監督ですが、静止画像のようなのもあったので、あれっ止まっている!?ってちょっと焦りました。
日本の俳優さんも多数参加。斎藤工、田中圭は、出番が少なかったですね。吉沢悠に関しては、どこにいたの?あれかという感じの犯人Bでした。ジョン・ウー監督の娘アンジェルス・ウーも出演していました。他の華奢な女優さんたちの中では浮いているような気もしたけど、アクションはたっぷりしてくれています。これも、監督の親心で、出演シーンが多いのではと思ってしまう。

★★★☆☆ 3+

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://spicecafe.asablo.jp/blog/2018/02/14/8787533/tb

_ 映画に夢中 - 2018/02/15 19:41

「男たちの挽歌」「レッドクリフ」のジョン・ウー監督が西村寿行原作、高倉健主演の日本映画「君よ憤怒の河を渉れ」をリメイクしたサスペンス・アクション大作。無実の罪を着せられ逃亡を余儀なくされた弁護士と、彼を追う孤高の刑事が辿る壮絶な運命を迫力のアクション満載に描き出す。主演は「戦場のレクイエム」のチャン・ハンユーと「そして父になる」の福山雅治。共演にチー・ウェイ、ハ・ジウォン、國村隼。あらすじ:酒井社長率いる天神製薬の顧問弁護士ドゥ・チウがある朝目覚めると、ベッドに社長秘書・希子の死体が横たわっていた。何者かの罠と気づき、その場から逃亡を図るドゥ・チウ。大阪府警の敏腕刑事・矢村は、新人の部下・里…

_ ここなつ映画レビュー - 2018/02/19 14:05

色んな意味でとても楽しめた。常日頃から戒めとして思っているが、香港映画を舐めてはいけない。突っ込みどころは200%ある。まだまだ手ぬるい位だ。もし劇場でなく1人で家で観ていたら、恐らく声に出して突っ込んでいただろう。「おいっ!」「いやはや」「無いでしょ?」「そこでそう来たか(鳩)」「そこでまた出すか(鳩)」。冒頭の導入部分ははっきり言ってダルい。だが、監督であるジョン・ウーの娘の見せ場の一つであると考えれば我慢できなくもない。そこを我慢したからと言ってガラリと何かが変わる訳でもないのだが。とはいえひたすらダルさが続くという訳でもないので、まあ突っ込みながら、にやにやしながら観るのが吉なのだ。…