僕のワンダフル・ライフ2017/10/01

僕のワンダフル・ライフ
「僕のワンダフル・ライフ」TOHOシネマズ日劇
ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分を可愛がってくれる少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、生まれ変わりを繰り返し、イーサンに会いたいと願うが、なかなかイーサンに遭遇できない。
ようやくイーサンに出会えたベイリーは、何をするべきか考える…。
なんと言っても、犬が可愛らしいです。犬の一人称で語られます。犬の気持ちというのは、こういうものだろうか、単純で純粋で楽しいです。何度か生まれ変わるため、死んでしまうシーンが、哀しいけど、いろいろな犬に変わります。どの犬も違う可愛らしさがありました。それぞれの犬生で出会う飼い主さんとの日々があり、人の役に立っている愛すべきわんちゃんでした。警察犬のところで、私は一番泣けました。泣けるところもあるけど、笑いもあって、良かったです。
「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「HACHI 約束の犬」なども監督しているラッセ・ハルストレム監督。絶対犬好きなんでしょうね。

★★★★☆ 4

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック