きりきり舞い2016/05/02

きりきり舞い
「きりきり舞い」 諸田 玲子・著 光文社文庫
主人公の舞は「東海道中膝栗毛」の作者・十返舎一九の娘。父は酒びたりで、わがままで気難しい。
父、義母、舞の3人の生活に、父の押しかけ弟子の浪人や、友達のお栄(葛飾北斎の娘)が、婚家を出てきて居候を決め込む。舞の縁談はみんな父が壊してしまい、十八歳の舞は、あせっている。武家の若者に見初められ、うまくいくことを願っているが、父や居候たちの、奇人ぶりに翻弄されていく…。
有名な戯作者なのに、借金に追われる十返舎一九。葛飾北斎は変わった人だと思っていたけど、十返舎一九もかなりの変わり者。舞は小町と言われる美人なのに、縁談がうまくいかず、父に会わせるのを拒否。実在の人物たちを面白く色づけているのだと思う。お栄さんも、個性的で困った人だったようだ。ドタバタと事件が起きていって、舞を困らせる。十八歳で嫁にいき遅れていると言われるこの時代は厳しいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック