愛は味噌汁 食堂のおばちゃん32022/09/26




愛は味噌汁

「愛は味噌汁 食堂のおばちゃん3」 山口 恵以子・著 ハルキ文庫
オムレツ、エビフライ、豚汁、ぶり大根、麻婆ナス、鯛茶漬け、ゴーヤチャンプルなど昼は定食屋で夜は居酒屋。姑の一子と嫁の二三が仲良く営んでおり、そこにアルバイトの万里が加わってはや2年。美味しくて財布にも優しい佃の「はじめ食堂」は常連客の笑い声が絶えない。新しいお客さんがカラオケバトルで優勝したり、常連客の後藤に騒動が持ち上がったり、一子たちがはとバスの夜の観光ツアーに出かけたりする。
すごい話ではないけれど、それぞれに味わいのあるお話でした。今回、印象に残ったのは、はじめ食堂が、食中毒を出したと疑われるところです。真面目に丁寧に仕事をしてきたのに、お客さんで2人だけ、食中毒の症状で入院したのです。同じものを食べた他の人は大丈夫なのです。他の常連さんたちも、症状なしです。たとてはじめ食堂が原因じゃなかったとしても、風評被害となってお客さんが遠のいてしまう可能性があります。食堂の大変さを知りました。
アルバイトの万里くんは、他の仕事は長続きしなかったのに、はじめ食堂では、真面目に働いています。料理の楽しさも覚えてきて、新しい料理を考えていきます。そこは良いのですが、テレビ取材の話が持ち上がると、ちょっと空回りしてしまいます。そこは年の功で、お姑さんの一子さんは、落ち着いて対処していました。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック