安西水丸展2021/07/21


 
「安西水丸展」 世田谷文学館
安西水丸さん(1942ー2014)東京生まれ。日本大学芸術学部美術学科造形コースを卒業後、電通や平凡社などでアートディレクターを務め、その後フリーのイラストレーターに転身。絵本「がたん ごとん がたん ごとん」の出版や、作家 村上春樹の装丁を手掛けるなど幅広く活動しました。


世田谷文学館へ初めて行きました。京王線蘆花公園駅の近くです。緑が多くて良い環境です。



写真撮影OKでした。シンプルな筆致で、クリアな色遣い、素敵でした。
安西水丸さんと言えば!私は村上春樹さんの本の表紙が印象的です。「中国行きのスロウ・ボート」が出会いかも。本は飾ってあったけど、原画はなかったです。絵本もいろいろ出しているのですね。知りませんでした。
昔、銀座のバーでアルバイトしていた時があったのですが、キープされているボトルに、安西水丸さんのがあったのです。いつか会えるかもと期待していたけど、お会いする機会はありませんでした。



世田谷文学館内の“喫茶どんぐり”の10食限定カレーライス。そんなに早い時間ではなかったけど、聞いてみたらまだありました。骨付き鶏肉入りですが、すぐに骨と肉がほぐれて、食べやすかったです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
3+2=

コメント:

トラックバック